Nagasaki Mindfulness Center "Kuu"

マインドフルネス認知療法について

マインドフルネス認知療法とは

マインドフルネス認知療法(MBCT)は、うつ病の再発予防のために確立されたプログラムです。MBCTは、マインドフルネス瞑想の実践と臨床応用を認知療法のツールと組み合わせて、再発性うつ病のサイクルに上手に対応できるようにプログラムされています。Zindel Segal、John Teasdale、Mark Williamsによって開発されました。

どのような効果がありますか

  • うつ病の症状を軽減することが臨床的に証明されています
  • 再発性うつ病に苦しむ人々の将来のエピソードを予防するのに役立ちます
  • 薬と一緒に使用することができますが、継続的な練習と一緒に医師の指導の下、薬の必要性を減らすことができます

どのように機能しますか?

8週間のMBCTプログラムは、どのようにしてうつ病の再発が引き起こされ、うつ病の症状を持続させているのか、気分やパターンを知ることを可能にします。実践を通して、否定的な考えにうまく対処する能力を養います。

再発性うつ病を経験した方にとっては、早期の再発の兆候を認識できることは、気分の症状および否定的な思考パターンが深刻になる前にうまく対処することを可能にします。

うつ病とMBCT

イギリスの「国立医療技術評価機構」(NICE)は3回以上のうつ病エピソードを経験した人々にMBCTを推奨しています。

  • MBCTは、うつ病の再発防止に抗うつ薬の維持量と同じくらい効果的であり、将来のうつ病のリスクを半減させます。
  • MBCTはまた、うつ病のエピソードを経験している人々の症状の重症度を軽減することができます。

うつ病は非常に多くの方が経験する病気のひとつです。米国では5人に1人近くが一生のうちにうつ病を経験し、各エピソードで再発の可能性はより高くなります 。 3回うつ病を経験した方の再発の可能性は70-80%です。また、慢性の医学的症状のある人の3分の1以上がうつ病を患っています。うつ病は気分に影響を与えるだけでなく、はっきりと考える能力にも影響を及ぼし、エネルギーと意欲を奪い、そして絶望的で価値のない気分にさせます。

MBCTでは、望まない考えや感情に関連する新しい方法と、それらに対応するための強力なスキルを学ぶ機会を提供します。参加者は、長年にわたっておなじみだった感情的苦痛の罠からの自由の感覚を感じていると報告しています。

あなたが現在鬱病の重度の症状に苦しんでいるか、あなたがグループに参加することを妨げるような症状がある場合、このプログラムに参加するのをお待ちください。あなたの集中力とエネルギーが、新しい学習のために必要な努力をサポートするのに十分改善されるまで待つのが良いでしょう。

MBCTコースに参加する場合、コースが適しているか、事前のオリエンテーションに参加する必要があります。